タグ別アーカイブ: 透過avi

VideoStudioProX8のビデオマスクでアルファチャンネル付きの映像素材(透過avi、透過mov)を美しく合成する方法

この記事では、VideoStuidoX8でビデオマスクを使って、アルファチャンネル付きのパーティクル系素材を美しく合成する方法を解説します。
VideoStudioシリーズには、「アルファチャンネルの合成が汚い」という、一向に改善されない欠点があります。しかし2015年、X8になってやっと、アルファチャンネル合成時の汚れを回避する手段が登場しました。ビデオマスクです。


■VideoStudioのアルファチャンネル合成の、何が酷いか

透過合成テストPremiereElements

透過合成テストVideoStudio

透過動画の合成に関しては、VideoStudioより安価なPremiereElementsにも及ばないのが実情です。なにしろ、VideoStduioの合成は光の効果のくせに「黒ずんだ影」ができるのです。
弊社の動画制作は殆どVideoStudioで賄っていますが、このような合成は、流石に他のソフトを使わざるを得ませんでした…。


■VideoStudioX8から追加されたビデオマスク合成でどう変わるか

VideoStuidoの透過にビデオマスクを適用した
透過movにビデオマスクを適用すると、黒ずみの無い光の表現が可能になりました。但し、見ての通り色味は薄くなります。

さらに彩度を上げて調整
ビデオマスクで合成したクリップの彩度を引き上げました。本来、彩度を極端に上げると対象の動画は画質が劣化しますが、ビデオマスクによる透過効果が上手く働いて、画質を維持したまま色味が濃くなります。

画質を突き詰めると、元々アルファチャンネルとの相性が良いPremiereElementsに及びませんが、動画マスクの登場により、このようにVideoStuidoでも実用に耐える透過合成が可能になりました。


■素材のビデオマスクを作る

透過movを配置
黒の背景に透過mov(avi)を配置します。

彩度を-100にする
クリップを選択して 編集→色補正 彩度を-100に設定します。

AVC形式で出力する
白黒になったクリップをAVC/H.264形式で出力します。
元の素材と同じフレーム数(30fpsもしくは60fps)で出力する必要があります。
この作例では、AVC(1920×1080,30p,20Kbps)の設定で出力します。

モノクロ動画=マスク
マスク動画ができました。これを元の透過mov(avi)に適用します。


■ビデオマスクを適用する

透過movをトラックに配置
透過mov(avi)をトラックに配置します。
効果が分かりやすいように背景を入れています。
(背景画はウチの取扱商品です。よしなに)

ビデオマスクを適用
クリップ選択→オプション→属性→マスク&クロマキー→オーバーレイオプションを適用→ビデオマスク
の順に選択します。ビデオマスクのサムネイル一覧の右下にある「+」を押して、先ほど作ったマスク動画を適用します。

暗い影の無い合成になった
透過が適用されて、黒ずみが消えました。

12
クリップ選択→オプション→編集→色補正
に入って、彩度を好みのレベルに調節します

彩度を調整して完成
より色味のしっかりした合成になりました。彩度以外のパラメーターも調整できますので、好みの効果になるように色々試してみましょう。


VideoStudioシリーズにおいては、長く使い物にならなかったアルファチャンネル素材(透過avi、透過mov)ですが、X8からやっと実用性が出てきました(あくまでプロレベルでの話ですが)。いいかげんにネイティブ対応しろと言いたいところですが、当分はマスクを使いながら今後の実装を待ちたいと思います。